大地を守る会の魚は安全?

大地を守る会の魚は安全?

大地を守る会ではどちらかと言えば野菜が取り上げられることが多いですが、
魚も沢山取り扱いしています。

 

取り扱い商品については、大地を守る会の生産者とのかかわり
大地を守る会の肉や卵は安全?で紹介したように、非常に厳しく基準を定めています。

 

魚は刺身など、生で食べることも有りますから、
当然、安全でなければいけませんよね。

 

ここではその厳しい基準と魚の商品ラインナップを、
解説していきますね。

 

 

大地を守る会の魚に対する取り組み

 

出来る限り国産品を取扱い、国内の水産業を応援しています。

大地を守る会ではお肉の取り扱いでもそうでしたが、
出来る限り国産の商品を取り扱いたいと考えているので、
日本の沿岸や沖合で取れた魚を率先して取り扱っています。

 

また、近場や地元産の魚を消費するように進めています。
どうしても輸入や養殖に頼らないといけない場合は日本の同業者を圧迫しない様に配慮しています。

 

退色防止剤や鮮度保持剤を使用していない水産物を扱っています。

一般的な水産物は鮮度を保つために退色剤や鮮度保持剤を使用しますが、
大地を守る会では安全な魚を提供する為、このような薬物処理しない海産物を取り扱っています。

 

薬物処理をすると殺菌出来るので衛生的ですが、おいしさや食べた人の人体に少なからず影響を
及ぼす恐れもありますので、大地を守る会では、急速冷凍の手段で衛生面や鮮度を守っています。

 

 

安全と環境に配慮した養殖をしています。

安定的に水資源を確保するために養殖が必要な場合が有ります。
その場合は飼料を抗菌性物質を無添加にするなど、
環境に配慮し安全性を確保しています。
また、お肉の取り扱いと同じように卵から出荷までの
全生産工程の履歴を確認出来る様にしています。

 

 

この様に、大地を守る会の魚もお肉や野菜と同じように、
安全で安心したものを消費者に提供できるよう
高い基準でこだわっているのが、分かりますね。

 

産地偽装問題などで、食の不安が広がっていますが、
どこでだれがどうやって獲れた魚かが分かる事で、
本当に国産なのか?本当に安全なものなのか?
私たちでも確認が出来るので安心して魚を食べられます。

 

 

大地を守る会の魚をご紹介

 

大地を守る会の魚はどんな魚が有るか紹介して行きます。

 

刺身

大地 刺身 

 

生の魚は鮮度が命ですね。
新鮮な魚に薬を加えるのではなく、急速冷凍するから取れたてのおいしさが味わえます

  • マグロ
  • ホタテ
  • アジ
  • しめさば

などなど

 

 

切り身・エビ・イカ・貝
大地 切り身 

 

下処理がすでにしてあるので、すぐに調理出来ます。
獲れたてのうまみをギュッと閉じ込めた冷凍で届きます。

 

  • しゃけ
  • タラ
  • イワシ
  • サンマ
  • エビ(むき身)
  • イカ
  • カキ
  • シーフードミックス

などなど

 

  干物

大地 干物 

 

魚介は変色・酸化防止剤不使用だから安心して食べられます。
身がぷりぷりで塩加減もちょうどいいと評判です^^

 

  • アジ
  • さば
  • サンマ
  • ホッケ

などなど

 

どの魚も、新鮮でおいしいものが届けられます。
薬も使用せず、どこでどのようにとれた魚なのかが分かるのがとても良いですね。

 

 

大地を守る会の魚について:まとめ

 

生の魚を扱うには大変な難しさがあります。
一般的には薬を使って保っていますがその分新鮮さは無くなって、
薬を使用している分食べる人体への影響が少なからずありますし
おいしさも逃げてしまいます。

 

大地を守る会は薬を使わずどうすればおいしいものが届けられるかをとても考えているので、
生の魚でも子供にも安心してを食べさせられますね。

 

手巻きずしにしたり、海鮮丼にしたり、
お弁当のおかずや、ビールのおつまみにも出来るので、
魚はとっても万能です。

 

ほかにも、大地を守る会では、もったいないシリーズというのがあって、
品質や衛生面では問題ないのだけど少し傷がついてしまったり、
大きすぎたり小さすぎる規格外の魚をお得に購入する事が出来ます。

 

味は通常の魚と変わらないので、お得感満載です^^

 

 

子供の成長には魚が欠かせませんので、安全に気を配っている
大地を守る会の魚を食べさせていきたいですね。